取引先



 
戦略取引先

Farmdo会社

Farmdoはハイテック農業と太陽エネルギーの分野における信頼性のある日系企業である。

伝統的な農業栽培と生産活動から始まり、Farmdoは日本の現代な経済社会の傾向に伴う要求を満たすために、迅速に変化し、発展してきた。日本政府のエネルギー節約と環境保護に関する懇願に応答するため、2011年から、Farmdoは太陽エネルギーと組み合わせられる農業技術について研究し、成功に適用した。会社はアジア諸国へエネルギー農場のモデルを投資、拡大する計画を立てている。FLC FAMとの協力はFarmdoがベトナム企業と締結した最初の契約である。

Dong Thap省人民委員会

FLC FAMはCao Lanhマンゴーのブランド構築、保護、商品販売に関してDong Thap省と協力契約を締結した。目標は、マンゴーを始め、ベトナム農産品の価値を格上げ、世界バリューチェーンに向け、国際市場における強固な地位を築いていくことである。

FLCのイベントで、FLCのリゾート内に、またはBamboo Airways航空会社のフライト内にCao Lanhマンゴーを紹介し、消費のために連結する以外、FLC FAMも、Dong Thap省のCao Lanhマンゴー全産量を市場へFLC FAMのブランドで販売するため、個別のコーポレートアイデンティティプログラムを築いていく。

農業内におけるハイテックの適用という利点をもって、FLC FAMはDong Thap省と協力して、同期的な大規模で、安全なマンゴーを生産するプロセスの適用を展開し、国内市場に、または輸出市場に最高品質のある商品を供給していく。