農業分野においてハイテックを適用する企業がまだ少ない

8月14日の午前、農業農村開発省とLam Dong省人民委員会は協力して、ハイテック適用農業開発をテーマとする全国会議を開催した。
 


写真:Lam DongDa Lat市に開催されたハイテック適用農業開発をテーマとする全国会議

農業農村開発省は、農業生産分野におけるハイテック適用は段々発展していき、生産性や品質の向上に重要な役割を果たしていると判断した。農業生産業の中で、ハイテック適用農業の開発は統合の傾向の中に、主要かつ不可欠な傾向であり、農業の再構成のために効果的な対策であると位置付けられている。

ハイテックを適用している企業は28社で、農業生産区は1区がある。

2012年から、政府首相はハイテック適用農業開発プログラムを承認した決定書号1895を発行した。このプログラムの目標は農業分野におけるハイテックの開発や適用を促進し、生産性や競争力が高く、品質が良い、効果的・現代的な農業になり、年中成長率が3,5%以上に達し、国家の食料安全保障を強固に確保できるように全面的に発展していく農業の構築に貢献することである。

現在まで、ハイテック適用農業の開発を促進することを目的とした、政府と各管理機関から発行された関連政策が多い。農業農村開発省の副大臣 - Le Quoc Doanh氏は「最近、特に農業業界が再編提案を実施した後、多くの企業がハイテック適用農業について調査し、投資・生産活動を行ってきた傾向が見えられ、この企業は生産性や商品の品質上の強点や高い競争力を証明して、各地方のハイトライトまたは成長動機になっている」と述べた。

特に、2015年に、政府首相は2020年まで、ビジョン2030年までのハイテック適用農業区の全体計画を承認した決定号575を発行した。この決定により、2020年まで、ハイテック適用農業区10ヶ所を設立する目標があり、そのうち、中央直轄市・省の人民委員会より設立について決められた農業区が8ヶ所ある。

これは、会議において、ハイテック適用農業、クリーン農業に関する活動を行っている企業40社の商品表示・紹介売店の一つである。写真の中に、顧客様は商品の原産地を調べている。

実際に、2017年の中旬までに、全国に、首相より設立されたハイテック適用農業区は2ヶ所(1ヶ所はHau Giang省に、1ヶ所はPhu Yen省に位置する)があり;Kien Giang省に公認されているハイテック適用農業区は1ヶ所がある(バナメイエビ生産)。

特別に、現在まで、全国に、農業農村開発省からハイテック適用農業企業として公認された企業は28社のみある。

中央銀行はハイテック適用農業やクリーン農業開発を促進するために、価値1.000.000億ベトナムドンのローンを供与した。それに従い、このパッケージからローンを借入する場合、貿易銀行の同期間に対する一般的な毎年借入利息に比べ、0,5% - 1,5%より低い利息を享受することができる。

現在、ハイテック農業やクリーン農業の目的とした借入金は323.390億ベトナムドンに達し、そのうち、86%はハイテック農業への投資を目的とした借入金である。

農民達に対して資本金と市場情報がまだ不足である

当初の結果を得られたが、農業農村開発省の評価によると、ハイテック適用農業を開発するために多くの問題点がまだある。そのうち、生産活動の組織管理がまだ同期的に行われていない、生産価値がまだ高くない、科学技術が生産活動の動機という役割をまだ発揮できない、科学技術と生産経営活動の連結がまだ緩い。

Lam Dong省はハイテック適用農業開発分野においてベトナム全国内に第1位の地方になっている。しかし、Lam Dong省農業農村開発局の局長であるNguyen Van Son氏により、ハイテックを適用する農民達と各企業は現在、多くの問題点があり、それは:土地調達準備、投資誘致、資本調達に関する問題、または輸入植物種子がまだ多いという問題等である。

"ベトナムにおける農業生産活動はまだ客観的な条件から大きな影響を与えられ、農業内のハイテック適用モデルがまだ小規模で、均等に配分されていない。農業生産活動に悪い影響を与える気候の要素からの影響の低減もまだ確保できない。2017年の前半に、農産品の消費市場がまだ不安定で、及びクリーン農業生産またはチェーン生産がまだ遅いという事実は見えられた。" と農業農村開発省の副大臣であるLe Quoc Doanh氏も強調した。

現時点まで、全国におけるハイテック適用農業区の設立・建設とハイテック適用企業の開発はまだ決められた計画の通りに実施されていない。ハイテック適用農業区の建設の展開活動は、企画業務に関する遅延、地面解放弁償の困難、投資資本金の不足等の理由により、よく延長されている。

上記の問題点の原因について、農業農村開発省の説明によると、小規模の家庭経済モデルはハイテックの大規模適用を妨害しているため、農業生産活動の効果がまだ高くない。同時に、ハイテック適用農業開発に関連する法律規定の文書はまだ同一ではない。ハイテック適用農業の生産活動へ投資するために、大きな資本金も必要である。

更に、生産活動の組織管理の中に、各企業が科学技術研究と技術譲渡・適用の繋がりに積極的に参加していない。科学者・企業・農民達間の連結がまだ緩い、かつ持続性が不足している。農業活動を行う企業数がまだ少ない、ほとんどは中小企業である。

生産家庭は国内商品消費市場または輸出市場に関する情報が不足している。そのうち、各地方はハイテック適用農業区について正しく理解・認識していないため、自己の資本力が足りなく、中央国庫から資本金を期待するうちに、ハイテック適用農業区をレースのように建設している場合も多い。

関連記事 市場についてのニュース


続きを読む...