Binh Dinh省:薬用植物を開発し、特産植物を保存する

海面より700 - 1.000メートル高いところに位置する町であるAn Toan町の人民たちは自然によって稲を栽培する習慣があるため、生活が困っている。そのうち、こちらの気候は昼と夜の振幅が低い、空気の密度も安定で高いため、植林に適切である。土壌、天気気候の特徴や広い森林の面積(2.000ha以上)という利点を利用して、適切な植物を植えれば、生産業の新規方向を開き、農民へ仕事を作り、収入を高め、貧困の低減に貢献できる。

農業新聞によると、過去数年に、Binh Dinh医療設備&製薬会社はAn Toan町の土壌、天気気候の条件について調査し、または保有している、またはその他地方から入手された薬用植物の生学的な特徴と比較、判断した。An Toan町の3村において、6.000m2の土地面積に銀杏、ツルニンジン、五味子、シシウド、当帰、党参、シャタバリ、島寒菊、川芎、甘茶蔓、リーア等薬用植物13類を見つけ、試しで植えた。


Binh DinhAn Toan町に植えられている薬用植物。写真:農業新聞

VietGAP標準に基づく栽培技術プロセスを適用した上、栽培の期間内に殺虫剤や無機肥料等を使用せずに、有機肥料のみを使用したことにより、試しで植えられた薬用植物、特に、当帰と党参はよく成長していき、肯定的な結果が出てきた。植物の平均身長は25-30cmになり、枝と葉がよく伸び、根球も大きく成長してきた。特別に、この薬用植物は有害昆虫に対して抵抗性があるため、生産性が高い。薬用植物の栽培や育成の技術プロセスは難しくないため、少数民族の家庭に技術を譲渡することが可能である。

それ以外、An Lao区も、An Laoお茶のブランドを作るために、森林に自然に成長している特産の茶1,5haを栽培、育成している。さらに、An Lao区は籐の面積125ha栽培・育成エリア、とAn Laテンニンカのブランドを築くために面積500haテンニンカ森林の栽培エリアを企画している。

関連記事 市場についてのニュース


続きを読む...